マケドニア戦争をわかりやすく解説

マケドニア戦争をわかりやすく解説

マケドニア戦争をわかりやすく解説

マケドニア戦争とは、ギリシア世界の盟主マケドニア王国と、イタリア半島を拠点に地中海世界で勢力を拡大していた共和政ローマとの間で行なわれた戦争です。

 

ギリシア世界の命運を左右する戦いともいえ、前215年から前148年まで四次に渡って争われましたが、最終的に勢いがあったローマが勝利し、マケドニア王国は滅ぼされてしまいます。ギリシア全土はローマ属州となり、アテナイやスパルタといったギリシア世界に郡立していたポリスの政治的独立は失われました。古代ギリシア時代の本格的な終焉といえます。

 

 

第一次マケドニア戦争

勃発年:紀元前215年-紀元前205年

 

フィリッポス5世がハンニバルと同盟したことで、共和政ローマと対立し戦いました。決定的な交戦は行なわれず、引き分けに終わっています。しかし戦争におけるローマ軍の残虐行為は、ギリシア市民の反ローマ感情に火をつけることとなりました。

 

第二次マケドニア戦争

勃発年:紀元前200年 - 紀元前197年

 

東地中海での覇権確立を目論むマケドニアにローマが介入した結果起こった戦争です。マケドニアはアオウスの戦い、キュノスケファライの戦いでローマに破れ、ギリシア南部、トラキア、小アジアを失う痛手を負いました。

 

第三次マケドニア戦争

勃発年:紀元前171年 - 紀元前168年

 

第二次マケドニア戦争以降、親ローマへと路線変更をしていたマケドニアですが、ピリッポス5世の死後、後継のペルセウスがギリシア市民の反ローマ感情につき動かされ、敵対的な姿勢を押し出すようになりました。しかし前168年のピュドナの戦いで大敗を喫し、王朝は断絶。自治は認められたものの、マケドニアは4つに分割される自治領で構成される国となりました。

 

第四次マケドニア戦争

勃発年:紀元前149年 - 紀元前148年

 

マケドニア王の末裔を自称するアンドリスコスが、反ローマ闘争を起こしローマからの自立を宣言。しかしこの戦いも結局ローマの勝利に終わり、ついに自治領も廃止されて、マケドニアはローマの属州にされてしまいました。前8世紀から続いたマケドニア王国の歴史はここで完全に終わりを迎えました。

 

 

トップへ戻る