古代ギリシア社会・経済

古代ギリシア社会・経済

古代ギリシア社会・経済記事一覧

ギリシア最古の文明エーゲ文明は、地中海世界を突如として襲った大規模な社会変動(前1200年のカタストロフ)に飲み込まれ消滅してしまいます。以降ギリシア世界の文明レベルは著しく衰退。エーゲ文明下で発展した文字も彩色技術も失われ、その後約400年間は記録がほとんどない暗黒時代が続きました。この記事の内容ポリスとは何か?特徴と発展の理由ギリシアに存在したポリスの数ポリスの政治形態ポリスの時代の終焉ポリス...

古代ギリシアのポリスにおいて、交易基地として機能した場所をエンポリウム(英: Emporia)と呼びます。ギリシア語で旅や移動を意味する「poreia」から派生した言葉です。エンポリウムは対外市場の中心地としてポリス繁栄には欠かせない場所でした。この存在により、通商目的の外人(エンポロス)が、市内に入らずとも取引をすることが出来ました。エンポリウムの施設エンポリウムには食料市場、貯蔵庫、港、埠頭(...

古代ギリシアの政治的・文化的発展は、ギリシア世界各地に郡立していたポリスの発展と不可分です。そしてポリスの発展において、重要な役割を果たしたのが、ポリスの中心部に建設されたアゴラと呼ばれる公共広場です。アゴラとはどんな場所?アゴラは、神殿や役所などの公共建築物、店舗の立ち並ぶ柱廊(ストア)などで構成されています。休息/談笑/政治議論/商談/裁判など様々な目的のために開かれたオープン・スペースで、ポ...

アテネのアクロポリス/pixabayよりアクロポリスとは、古代ギリシアのポリスに存在した市街を見下ろす小高い丘です。ポリスの象徴的存在で、アゴラや神殿などアゴラといった重要な機関が存在しました。丘の周囲を城壁で囲まれ、丘には神殿や砦が築かれているのが特徴です。「アクロポリス」の意味「アクロポリス(akropolis)」とはギリシア語で「高い都市」「城市」を意味しており、元々はポリス成立前に力を持っ...

アテネの丘にそびえるパルテノン神殿/pixabayよりパルテノン神殿は、古代ギリシアのシンボルともいえる建築物です。ギリシア神話に登場するアテナイの守護神アテナを祀る神殿として有名で、ドーリア式建築の最高傑作とも目されています。古代ギリシア人、とりわけ民主政を体現したアテナイ人の精神性・宗教観・芸術性が凝縮した存在といえ、その歴史的・芸術的価値から世界文化遺産にも登録されています。古代ギリシアの歴...

古代ギリシアで公用語として使われていたギリシア語についてその特徴や歴史を紹介します。古代ギリシア語の歴史を簡単にギリシア文字よりも古くに使われていた文字として、クレタ文明下(前20世紀-前15世紀)で成立した線文字A、線文字Aを発展させて成立したミケーネ文明(前16世紀−前12世紀)下の線文字B(ミケーネ文字とも)が挙げられます。しかしこれらの文字は前1200年のカタストロフで消滅してしまいました...

現代ギリシャ人の多くが信仰しているのはキリスト教の一派であるギリシア正教です。しかし古代ギリシア時代にはまだキリスト教は生まれてもいませんでした。では古代ギリシア人はどのような宗教を信仰していたのでしょうか。この記事の内容ギリシア人が信仰していた多神教とはオリュンポス十二神とは十二神の一覧表ギリシア神と他の国の神の違いギリシア人が信仰していた多神教とは<ギリシアの神々:pixabayより>古代ギリ...

古代ギリシアが栄えた大きな要因の1つに、貨幣制度の成立があります。物々交換の仲立ちとして硬貨が作られるようになり、貨幣制度の発達に伴い商工業が発達。それにより都市が発展し、市民階級に余暇が生まれ、自由な思考から文化も発展していったのです。貨幣普及の歴史まず前7世紀末、小アジアのリュディア王国で貴金属貨幣が使われるようになり、それがイオニア植民市に伝わったのが始まりです。前6世紀前半にはエーゲ海やギ...

現代においては古代ギリシアの年代を表すのに、西暦で紀元前◯◯年という表記をするのが一般的ですが、古代ギリシアの時代には西暦は存在しないので、当然ながらこのような表記の仕方はしていませんでした。では古代ギリシアではどのような暦を使用していたのでしょうか。古代ギリシアの暦の特徴古代ギリシアでは太陰太陽暦が用いられ、月は平均29.53日で満ちかけし、季節は1年で変化します。2年に1回閏月を挿入して、季節...

ギリシアは生産性が低い土地です。地形・気候・土壌条件が、小麦や大麦といった主食の生産に向いていません。地中海性気候が支配的で降雨量が少ない、山がちな地形は穀物の生育に適さない、ということで、ギリシアで出来る農業というのは極限られていたのです。しかし逆にギリシアの地形・気候・土壌条件だからこそ栽培に向いている作物というのもありました。ギリシアに文明をもたらしたオリーブとブドウギリシア南部の丘陵地帯で...

古代ギリシアの貿易史をまとめています。クレタ島の貿易ミノア文明(紀元前20世紀〜前15世紀頃)が栄えたクレタ島の人々は、船で海を渡り、エジプトや地中海東岸の都市と貿易することで生計をたてていました。それぞれの地域でクレタ島の特産品が出土しています。クレタ島の壁画や壺絵には海洋生物が書かれていることが多く、クレタ人の生活と海の結びつきの強さがうかがいしれます。ポリスの貿易前8世紀以降はポリス(都市国...

哲学・芸術・文学・政治学・医学・・・現代社会ではあらゆる分野で西洋文化が最先端を走っています。いうまでもなく西洋の原点は古代ギリシアなので、古代ギリシア凄い!と言いたいところですが、何もギリシアは始めから独自に高度な文明を築き上げていたわけではありません。むしろ元々資源の少ない貧相な土地で、文明開化は遅れをとっていました。文明が栄え始めたのは、造船技術・航海技術が発達し、地中海の向こうから様々な物...

トップへ戻る