将軍職(ストラテゴス)の仕事とは〜アテナイの最高指揮官〜

将軍職(ストラテゴス)の仕事とは〜アテナイの最高指揮官〜

将軍職(ストラテゴス)の仕事とは
〜アテナイの最高指揮官〜

将軍職(ストラテゴス)とは、古代アテナイにおける政治・軍事両面における最高責任者のことです。軍事面では戦争の指揮にあたり、必要な兵を集める役割があり、とくに民主政全盛の前5世紀のアテナイでは重要な職でした。
最初は陸海軍を総括する軍事指揮官という役割でしたが、のちに政治にも影響力を持つようになり、事実上国の最高指揮官となりました。

 

 

有名な将軍職にはペリクレスがいます。将軍職の任期は1年でしたが、彼は毎年再選され、前444年から430年までの15年間もその地位を保持していました。

 

将軍の仕事内容

将軍職は民会により毎年10名が選出され、将軍は必要な兵を集める必要がありました。1人の将軍の下には各部族から1人ずつ選出した計10人の歩兵隊長(タクシアルコイ)がつき、歩兵隊長は部族の軍隊を組織しました。

 

また将軍は海軍も総括しているので、三段櫂船奉仕者(トリエラルコイ)を選定する役割を担っていました。奉仕者は割り当てられた一隻の三段櫂船の修理や強化を行ない、乗組員を集める任務にあたりました。

 

トップへ戻る