古代ギリシアの貴族政の特徴〜平民との対立へ〜

古代ギリシアの貴族政の特徴〜平民との対立と終焉〜

古代ギリシアの貴族政の特徴
〜平民との対立と終焉〜

古代ギリシアの政治形態について、代表的ポリスのアテナイの例に学んでいきましょう。
王政の特徴でも解説した通り、アテナイでは最初王政による支配が続いていました。しかし王家が力を失ったことで、少数の富裕層が主体となる貴族政(前8世紀〜前7世紀頃)へと移行します。政策の決定は王の独裁ではなく評議会を通して行なわれるようになりました。

 

 

貴族の権威失墜

貴族は莫大な富により、土地、家畜、武器を独占し、国の発展・防衛に寄与したことで、長らくローマ社会を牛耳っていました。しかし前8世紀に入り平民が急速に発言力を持つようになり、相対的に貴族の権威が低下しました。

 

平民の発言力が強まった要因
  1. 戦術の変化によって軍事における主戦力が騎士から重装歩兵 (ホプリタイ ) に移った。
  2. 商工業の発展で平民もそれなりに富を得るようになった。

 

貴族政の終焉

そして貴族と平民の対立が深まり、やがて僭主政という新たな支配体制が敷かれることとなります。これは貴族に対する平民の不満をを利用し、野心家の貴族が非合法的に樹立した独裁です。民主政への過渡期(前7世紀〜前6世紀)に出現しました。

 

しかし僭主政とは実質王政と変わりません。最初の僭主は救世主のごとく支持されるものですが、2世、3世と世襲が続くと政治の腐敗が目に見えてきます。平民の不満が再燃したことで、僭主政も打倒され、民主政に移行していったのです。

 

トップへ戻る