古代ギリシアの文明

古代ギリシアの文明

古代ギリシアの文明記事一覧

紀元前30世紀頃、エーゲ海周辺に青銅器がもたらされ石器時代が終焉しました。それまで主に石で作られていた様々な利器が、より頑強な青銅で作られるようになり、人類の生活が一変したのです。ギリシア青銅器時代の始まりです。そして紀元前30世紀頃から前12世紀頃までエーゲ海周辺で栄えた青銅器文明の総称をエーゲ文明と呼びます。エーゲ文明には、青銅器時代前期に成立したミノア文明/ヘラディック文明/トロイア文明/キ...

紀元前30世紀頃から前12世紀頃までにかけて、エーゲ海周辺で栄えていたいくつかの青銅器文明の総称をエーゲ文明といいます。そのうちキクラデス諸島で前30世紀頃には成立していたエーゲ最古とされる文明がキクラデス文明です。キクラデス諸島の場所キクラデス諸島はエーゲ海中部に位置する島々で、デロス島、ナクソス島、シロス島、シキノス島、イオス島、サントリー二島など約20の島で構成されています。「キクラデス」の...

紀元前30世紀頃から前12世紀頃までにかけて、エーゲ海周辺で栄えていたいくつかの青銅器文明の総称をエーゲ文明といいます。このうち地中海のクレタ島で栄えた青銅器文明をクレタ文明(ミノア文明)といいます。クレタ文明は、地中海をへて伝わってきた中東オリエント文明を独自に発展させることで成立しました。前20世紀から前15世紀頃にかけエーゲ海全域で圧倒的存在感を放ちましたが、15世紀半ばに突如崩壊してしまい...

紀元前30世紀頃から前12世紀頃にかけて、エーゲ海周辺で栄えていた青銅器文明の総称をエーゲ文明といいます。このうちペロポネソス半島のミケーネを中心に栄えたのがミケーネ文明です。前16世紀頃、ギリシア本土のヘラディック文明と、クレタ島のクレタ文明の影響を強く受けたことで成立しました。クレタ文明が滅んだ15世紀以後に全盛を迎え、エーゲ地域全体を支配する統一的文明となりました。今回はそんなミケーネ文明に...

トロイア文明(トロイ、トロイヤ文明とも)は古代ギリシア最古のエーゲ三大文明の1つで、エーゲ海を挟んでギリシア本土の対岸にある小アジア北西部(現トルコ西部)に栄えたとされています。「イリオン」という別名も持ちます。トロイア遺跡の発掘者トロイアの古代遺跡の発掘者はドイツの考古学者シュリーマンです。シュリーマンは幼少期に読んだホメロス叙事詩の『イリアス』『オデュッセイア』に感銘を受け発掘の信念を抱き続け...

トップへ戻る