古代ギリシアの音楽の特徴〜ヨーロッパ音楽の起源〜

古代ギリシアの音楽の特徴〜ヨーロッパ音楽の起源〜

古代ギリシアの音楽の特徴
〜ヨーロッパ音楽の起源〜

西洋音楽は、西洋哲学や西洋美術同様、古代ギリシア時代にその基盤が作られました。英語で音楽のことをミュージック(music)と言いますが、この語はギリシア語のムシケ(musike)※に由来しています。

 

※ムシケはギリシア神話に登場するゼウスの娘で、文芸を司る女神の名です。

 

古代ギリシアにおいて、ムシケは音楽だけでなく舞踊もひっくるめた概念で、現代でいうミュージックより幅広い意味を持ちました。音楽に限定されないので、musikeという語は博物館や美術館を意味するMuseumという語にも派生したのですよ。

 

 

古代ギリシア社会における音楽の役割

祭事

古代ギリシア社会で音楽は非常に重要な役割を担っていました。葬儀や結婚、演劇や様々な祭事、宗教的行事において用いられました。古代オリンピックといわれるオリュンピア祭においても、競技と共に音楽の競演が行なわれたといいます。

 

学問

古代ギリシアでは音楽は学問の対象とされ、音楽の構造や手法を理論立てて説明する「音楽理論」、感覚を重視した実践的な理論「ハルモニア論」を生み出すなどの功績を残しました。

 

 

トップへ戻る