古代ギリシアの芸術

古代ギリシアの芸術

古代ギリシアの芸術記事一覧

パルテノン神殿/pixabayより古代ギリシア文化の中で発展を遂げた建築様式をギリシア建築といいます。ギリシアを中心とした地中海世界で栄え、ヨーロッパ建築の古典として現代でも高い評価を受けています。そしてパルテノン神殿を始めとした神殿建築物の多くは建築というより彫刻に近い東西に長い長方形東面を入り口としている。円柱形の柱重厚でどっしりとした作りなどの特徴を共有しています。ギリシア神殿の歴史ギリシア...

古代ギリシア時代には数多くの彫刻作品が作られ、ローマ美術やオリエントの美術にも大きな影響を与えました。ここではギリシア彫刻の特徴や素材、彫刻に現われるギリシア人の宗教観・精神性などについて解説しようと思います。この記事の内容裸体の彫刻が多い理由ギリシア彫刻の素材時代ごとのギリシア彫刻の特徴裸体の彫刻が多い理由古代ギリシアで作られた彫刻作品には、美しい人間の裸体を模したものが多いです。これは古代ギリ...

西洋音楽は、西洋哲学や西洋美術同様、古代ギリシア時代にその基盤が作られました。英語で音楽のことをミュージック(music)と言いますが、この語はギリシア語のムシケ(musike)※に由来しています。※ムシケはギリシア神話に登場するゼウスの娘で、文芸を司る女神の名です。古代ギリシアにおいて、ムシケは音楽だけでなく舞踊もひっくるめた概念で、現代でいうミュージックより幅広い意味を持ちました。音楽に限定さ...

古代ギリシア社会において音楽は非常に重要な役割をになっていました。葬儀/結婚/演劇/祭事/宗教行事などあらゆる場面で演奏が行なわれました。さて、古代ギリシアの音楽の特徴ではそんな古代ギリシアにおける音楽の社会的役割について解説しましたが、今回は演奏においてどんな楽器が使われていたのか、という点にフォーカスしたいと思います。古代ギリシアの楽器楽器には弦楽器/管楽器/打楽器の3タイプがありますが、古代...

ギリシアのアテナイを中心に前5世紀頃に栄えた「ギリシア悲劇」と呼ばれるヨーロッパ最古の演劇があります。紀元前534年アテナイのディオニュソスの祭礼にて、イカリアの詩人テスピス(Thespis)により初めて上演されました。テスピスはギリシア悲劇の祖とされており、一人の俳優が複数の役を演じるスタイルを確立し、劇の舞台に初めて立った俳優ともいわれています。その為現在ヨーロッパでは、彼への敬意を込め俳優の...

トップへ戻る